プラスコン化工株式会社

粘着加工・接着加工・熱貼加工、素材表面をラミネート加工することにより、素材に付加価値を与えます

加工工程図

 

粘着ラミネート

 

剥離紙(セパレーター)に各種粘着剤を塗布し被着体と貼り合わせます。
巻物、単板どちらでも可能です。

 

セパレーター部

 

1.セパレーター部
さまざまな種類のセパレーターを用意(上質紙セパ、グラシンセパ、クラフトセパ等) 幅は350mmから1100mmまで対応。

 

塗工部

 

2.塗工部
粘着剤を塗布、塗布膜は25μから60μまで対応可能。粘着剤は溶剤アクリル系、溶剤ウレタン系、その他水溶性エマルジョン系各種加工ができます。
現在使用粘着剤:一方社油脂、東洋インキ、サイデン化学
※その他、各メーカーから入手できます。

 

乾燥部

 

3.乾燥部
バーナーにより熱風を吹き付けて溶剤成分を揮発させ、粘着を形成します。バーナーのコントロールにより乾燥温度を各種設定可能。

 

原反供給部

 

4.原反供給部
単板の場合、一枚ずつ差し込んでいき、貼り合わせます。 巻物の場合は、台を除けてシャフトを入れて加工します。

 

切断部

 

5.切断部
貼り合わせたものを切断します。

 

梱包部

 

6.梱包部
完成品を検品しながら梱包します。